FC2ブログ
 

cfnm~チンチン見られ、チンチン見ちゃった+覗き体験談

cfnmと覗きが好きな人のためのブログです
 
 
プロフィール

cfnm

Author:cfnm
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
cfnm動画

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

30歳前後の頃に、痔の治療で医者へ行きました。平日の昼間ということもあって、待合室に は私のほかに2人ぐらいが待っていました。名前を呼ばれて診察室に入ると、何と女医さんで はありませんか。しかも結構可愛い感じの女性で、こんな人の前でお尻を見せるのかと、早く も恥ずかしさにどぎまぎしていると、問診の後に、さっそく、「じゃあ、そこに横になって、 お尻を出して下さい。」と言われました。恐る恐るズボンとパンツを膝の辺りまでずり下げ て、お尻を先生の方へ向けました。 先生はゴム手袋をはめて、私のお尻の辺りを触診し、この辺に小さなイボがありますね、など と言っていますが、私は他人にお尻を触られたのは生まれて初めてなんで、何だか変な気分に なってきて、前の方がだんだんと勃起してきました。先生はお尻の方を診察しているので分か りませんが、反対側に看護婦さんが見ており、看護婦さんには勃起したアレをしっかりと見ら れてしまいました。彼女は少し顔を赤くしながらも先生の手伝いをしたりしていましたが、前 の方から私の腰を動かしたりする時に、顔の間近に勃起したアレがくるので、しまいには本当 に真っ赤になっていました。自慢ではありませんが、私のアレは大きい方だと言われ、勃起す ると本当に立派な状態になるので、きっと看護婦さんもビックリしたのでしょう。 しまいには、先生の目を盗んで、つい手が当たったという感じで、アレを触ってくるのです。 そのうち、先生も私が勃起していることに気づきました。もうアレからは我慢汁がしっかりと 出始めていました。すると、先生は看護婦さんに「ちょっと、拭いてあげて」と言い、看護婦 さんはガーゼで私の亀頭部分を拭いてくれました。その拭き方がとてもイヤらしく、私は敏感 な亀頭を刺激されて、我慢できず思わずピュピュッと射精してしまいました。射精の勢いは物 凄く、看護婦さんの白衣にまでビチャビチャと飛び散りました。看護婦さんはちょっとビック リしましたが、すぐに「あら、ごめんなさい。すぐに拭きますね」とにっこりと微笑んで白濁 液をふき取ってくれました。私は他人の前で射精してしまった恥ずかしさに顔も上げられずに いると、先生が「元気ですね」とニッコリ笑っていました。私のアレは今射精したばかりなの に、まだビンビン状態のままで、ズボンを穿くのにも苦労しました。 帰る時には先生も看護婦さんもすっかり落ち着いておられて、こちらのほうが本当に恥ずかし かったです。






スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

皮膚科に行ったとき 

太ももの内側が痒くなり、皮膚科に行きました。太ももといってもほとんど足の付け根みたい な場所でしたので、診察の前に看護婦にパンツ一枚になるように言われ、少しためらいました が、先生も看護婦も50代くらいのおばさんでしたのでこちらも特に意識することなく、素直 にズボンを脱いで待っていました。最初は、トランクスの横から患部を診察していたのです が、見ずらい、とのことでトランクスを下ろすように言われました。ためらっている時に、看 護婦が入れ替わって若い20代前半の可愛らしい子が入ってきました。とたんに私は恥ずかし くなり、その子も、恥ずかしそうにしていました。思い切ってトランクスを下ろしましたが、 そのときには既に半立ちの状態で、一生懸命気持ちを押さえていました。しかし、先生が「こ れ、押さえておいて下さい」と看護婦に指示をし、看護婦がペニスをさわろうとした瞬間、思 いっきり勃起してしまいました。看護婦はびっくりして手を引きましたが、ニッコリしてあら ためて握ってきました。 もう、私は頭が真っ白になり、診察の間のことは一切覚えていません。診察が終わり、握って いた手を看護婦が引こうとしたときに我慢汁が手から糸引いていることに気付き、「じゃあ、 これ拭きましょうね」と言いました。私は恥ずかしくなって、あわてて「いいです、自分で拭 きますから」と言ったのですが、「大丈夫ですよ」と言って亀頭にガーゼを押し当ててきまし た。そのときです。思いもかけず、ビクン、ビクンとペニスが振れ、一気に射精してしまいま した。看護婦はびっくりしていましたが、それよりも可笑しかったらしく、手を口に当て笑っ ていました。 全部を拭き取られた後、「気にしないで下さいね、よくあることですから」と笑いながら言わ れました。とても恥ずかしい体験でした。








女の子がいる前で体を 

僕が小学校5年生の時です。 ある病気で1ヶ月程入院した時の事です。僕の病室は2人部屋でもう1つのベッドには4年生 の女の子が入院してました。 僕は学校で美術クラブに入っており、そのクラブの5年生は男は僕1人で、後は女の子5人で す。そして毎週水曜日と土曜日にクラブがあり、時々クラブが終わってから見舞に来てくれて ました。 ある土曜日、いつもと同じように5人の女の子と顧問の女の先生が夕方見舞いに来てくれまし た。隣のベッドで寝ている女の子の姉?らしき人も2人見舞に来てるようでした。 そして僕はみんなと話してると、年配の看護婦さんが2人の若い看護婦と一緒に入ってきまし た。そして「今日からこのお部屋を担当してくれる看護婦さんですよ」といって紹介してくれ ました。そして看護婦は2人の看護婦を連れて隣のベッドの所へ行きカーテンを閉めました。 中で何をしてるのか分からなかったのですが、会話を聞いてると患者の体の拭き方やケアの仕 方を説明してるようでした。 しばらくして3人の看護婦は出てきて今度は僕のベッドの横に来ました。そして若い看護婦が カーテンを閉めようとすると、年配の看護婦が「あっ、男の子だから閉めなくていいよ」と 言ったのです。若い看護婦は閉めかけてたカーテンをもう1度全開に開けました。 隣のベッドの女の子はもちろん、その姉?と思われる2人の女性、それに顧問の先生と5人の 同級生の女の子にも丸見えです。 僕はケアの説明をするだけだろうと思ってたのですが、年配の看護婦は「さっき説明したよう に実際やってみて」と言ったのです。僕は「うそ~」と思ったのですが、2人看護婦は僕の上 着を脱がせて胸からお腹を丁寧に拭いていきました。そして次にうつぶせにされて背中をゆっ くり丁寧に拭かれました。そして若い看護婦が「下もですか?」と聞いたら、 年配の看護婦が「当たり前でしょ」と言ったのです。 僕は頭の中が真っ白になりましたが、うつぶせのまま2人の看護婦にズボンとパンツを脱がさ れました。僕のおしりは丸見えになり、同級生の女の子達は「やだ~」とか言ってるのが聞こ えます。おしりから玉の付け根の方まで丁寧に拭いてもらいましたが、その後、さすがに若い 看護婦は「前も?」と言ってためらってました。年配の看護婦は黙ってうなずいたようで、2 人の看護婦は僕の体をひっくり返そうとしましたが、さすがに僕も抵抗してふんばりました。 年配の看護婦は「ほらっ恥ずかしがってないで!」といって、僕の腰を持って仰向けにしよう としました。さすがに3人の女性の力には負けてしまい、僕は仰向けにさせられました。ちん ちんは丸見えです。同級生の女の子達は無言でじっとちんちんを見てました。年配の看護婦 は、2人の看護婦に「男の子の場合は… 皮を剥けるとこまでむいて… 睾丸の部分は…」と 言って説明を始めたのです。僕は目をつぶってじっと羞恥に耐えてました。そして、やっと終 わったと思ったら年配の看護婦が「やってみて」と言ったのです。2人の看護婦は僕のちんち んのケアを始めました。 僕は半泣きの状態で横を見ると、何と隣のベッドの女の子の所へ見舞いに来てた姉らしき女性 2人も立ち上がって僕のベッドを覗き込んでるのです。 僕はたくさんの女性にベッドのまわりを囲まれ、じっくりちんちんを見られました。 今でもこの記憶は僕の頭にしっかりと残ってます。 いくら子供でも、男の子に対する配慮が少なすぎるのではないか?と思った日々でした。






中学生のときの病院での恥ずかしい体験 

僕が中学校2年生の春休み、つまりもうすぐ中学校3年生になるときのことです。 家族で九州旅行へ行ったのですが、泊まった温泉でお風呂に入りすぎて皮膚がかさかさになっ てしまいました。見た目にはわからないのですが、触ると乾燥した感じで突っ張った皮膚の状 態でした。 帰ってきてから一応お医者さんへ行ったほうがいいだろうということで、近くにあった内科、 皮膚科のお医者さんへいってみてもらうことになりました。

お医者さん(65歳ぐらいの男性)は、まず温泉の話を聞いて子供のうちは温泉のお湯は刺激 が強いので、あまりながくはいってはいけないよ、といい、まず顔から診察しました。 顔はお湯にあまりつけてなかったので、「顔はそれほどでもないかな」といわれました。 その後、お医者さんから下着だけになるように指示があり、横の看護婦さん(26歳ぐらいで しょうか)が上着に手をかけてきて脱がされました。 ズボンも脱いでパンツ一枚(当時はまだブリーフですね)にされ、思春期の僕はそれでもとて も恥ずかしかったのを憶えています。 また、診察室は奥に診察が終わった人を処置する部屋とカーテン一枚で仕切られていて向こう の人から見ないか心配でしたが、カーテンはきちんと閉まっていてほっとしました。 お医者さんは僕を立たせて、首、胸、脚、「後ろ向いて」といわれて、そのあと背中、脚の後 ろがわを診察しました。後ろを向いたとき、看護婦さんと目が合って恥ずかしくて下を向きま したが、看護婦さんは微笑んでました。 診察してお医者さんは、「ん~、ちょっとかさかさになってるね」といって、しばらく考えた 後、僕のパンツを指さして「じゃあ、パンツも脱いでくれるかな」といいました。 僕は恥ずかしさのあまりだまってしまったのですが、看護婦さんに「それじゃ、パンツおろす よ」と言われて、何がなんだかわからないうちに足首までおろされてパンツを取り去ってしま いました。 お医者さんと看護婦さんにおちんちんを見られる羽目になってしまいました。 もうすぐ中学3年になる僕でしたが、性徴が少し遅く、包茎で(でも小さくはなかったです が。。)毛も産毛がおちんちんの根元にうっすらと生えている程度で一番恥ずかしいときでし た。はずかしさに我慢して顔を上げると、お医者さんと看護婦さんの視線はまだ僕のおちんち んにありました。 14歳なのにほとんど生えていないのが意外だったのかもしれません。 お医者さんは僕のおちんちんを持ち上げて皮膚を触ってました。たまたまの部分の裏にも手を あてて「ここが一番かさかさがひどいね」といいました。この部分の皮膚は体の中でも一番弱 い部分らしいです。さらに包茎の皮膚をむいて陰茎の状態も確認されました。 「ここはお湯にあたってないから大丈夫みたいやね」といわれました。 看護婦さんの視線がずっとおちんちんの視察過程にあることが恥ずかしくてたまりませんでし た。 そのあと、また後ろを向いてお尻と穴の周辺も診察されて診察はおわりました。 お医者さんは「はい!」と言ったので、ようやく終われると慌てて衣服かごのパンツを取ろう とするとお医者さんに「ちょっと」と言ってとめられて、「ちょっと全体に皮膚が痛んでるの で、薬をつけたほうがいいね」といわれました。 その後、よこの看護婦さんにいろいろと指示していましたが、全裸のままの僕は恥ずかしく て、下を向いてました。 するとその看護婦さんは僕の手を引いて「ちょっとこっちへきてくれるかな」といって診察室 と処置室の間のカーテンを開けました。僕が「えっ」と声をだして尻込みすると「早くして」 といって全裸のまま処置部屋へつれていかれました。 処置室には赤外線治療のおじいさんとおばあさん、それと点滴を受ける30前ぐらいの女性が いて、当然その人たちにも僕はおちんちんを見られました。恥ずかしがる僕をよそ目に看護婦 さんは「ちょっと手伝って!」と別の看護婦さん(23、4歳?)を呼んで「僕、ちょっと恥 ずかしいかな?、でも男の子だし子供だから平気だね」と別の看護婦さんと話したあと「じゃ あ、このベッドに寝てくれる?あっ、仰向けになってね」と僕はなすすべなくベッドの上に全 裸のまま寝かせました。「じゃあ、お薬塗るからじっとしててね」といわれて二人の看護婦さ んに首から胸、お腹と塗っていきました。 次にはおちんちんにも手がかかり陰茎からたまたまの部分までしっかりと塗られ見られまし た。 さすがに性徴がおそいとはいえ、思春期の僕でしたのでおちんちんが大きくなってしまったの を憶えています。看護婦さんたちはそれを見つつも、なにも言いませんでしたが、うっすら生 えきた産毛の部分を薬で塗るとき、一言「もうすぐ生えそうろうから大丈夫だよ」と言いまし た。やはり、まだ生えてないのが意外だったのでしょう。 二人の看護婦さんは続いて脚、足首と塗って、「前が塗り終わったから後ろ塗るね。前に塗っ た薬が取れたらいけないからベッドから立ってくれる?」といい僕の手をもって起こしまし た。僕をベッドの横に立たせた看護婦さんたちは次に、首、背中、お尻とぬっていきました。 その間僕は、他の処置をしている人に正面を向いてたつ姿勢になってしまい処置されている人 も注視はしないものの気になるのか(そりゃ気になるでしょうね)ちらちらと僕のおちんちん を見ていました。 その間ぼくはもう頭が真っ白でわけがわからなくなっていたのを憶えています。 後ろ側も塗り終えて看護婦さんは「はい、終わり、あんまり温泉に長く入っちゃだめだよ」と 笑いました。 そこへもう一人の看護婦さんが僕の衣服かごを持ってきてくれました。 僕はその場であわてて服を着て出て行きました。 結局、僕はお医者さんだけでなく、看護婦さんや患者さんまでに成長過程のおちんちんをみら れてしまいました。 まだ、毛がほとんど生えていない子供の体だったので、看護婦さんは処置室でカーテンも閉め ずに薬をぬったんだと思いますが、 思春期の僕にはあまりにも恥ずかしいできごとでした。






運動会で 

小学生の頃の話です。6年の時運動会で騎馬戦にでることになりました。運動会前に練習を やっていたのですが、僕は転んでしまい、擦り傷をしてしまいました。相手ともみ合っている うちに押し倒されて、勢いよく転んでしまい、砂だらけです。すぐに保健室に運ばれました。 全身砂で真っ白になってしまいったので、砂が付いている部分を脱ぎました。シャツはもち ろんズボン、靴下を脱ぎました。パンツ1枚になったのですが、痛みが増してきたので、そん なことを気遣う余裕はありません。後ろに転んだので傷は後ろしか無かったので、パンツ一枚 でベッドにうつむきで寝かされました。腿の部分と腕にかすり傷がありましたが、お尻にも傷 がありました。よく見るとズボンとパンツがやぶけています。パンツには血もついていまし た。なのでパンツも脱ぐことになりました。 全裸で保健室のベッドで寝ていました。お知りを丸出しです。血もかなり出ていたので、保 健の先生が水で濡れたタオルで拭いてくれました。そして、消毒をして薬を塗って包帯を巻く ことになりました。 包帯を巻くとなれば、寝たままでは巻くことが出来ません。なので、立ち上がって巻くこと になりました。ベッドから起き上がって、きをつけの姿勢になりました。もちろん全裸です。 恥ずかしかったので両手でおちんちんを押さえていました。もうその頃は毛も生えてきてい て、精通も経験していました。皮も剥けていて、人にはみせたくありませんでした。しかし、 手で隠しても毛が生えているところは隠しきれず、ばれてしまいました。先生は僕の傍にしゃ がんで、包帯を巻いています。 その時、休み時間になりました。僕は嫌な予感がしましたが、その予感はあたってしまいま した。授業が終わって、先生(女)と友達が保健室にやってきました。心配そうな顔でやって きましたが、僕の姿を見て笑い出しました。みんなにやにやした顔をして僕の方を見ていまし た。「大丈夫か?」と笑いながら言ってきました。僕は恥ずかしくて隠すのに必死でした。友 達が「毛がはえてるじゃん」と言いからかってきました。 しかし、その間も保健の先生は黙々と包帯を巻いていました。腿の包帯を巻いていたので、 顔が僕のおちんちんのまん前にあります。その気配を感じて、僕のおちんちんは勃起してきま した。勃起してくると、手では隠しきれなくなるので、もう見え見えです。爆笑の渦でした。 その時保健の先生は、担任に着替えを持ってくるようにと頼んでいました。そして、担任は友 達と一緒に保健室から出て行きました。 いなくなってから僕は手で隠すのをやめました。しかしさらに悲劇は続きました。休み時間 なので、低学年の女の子が保健室に遊びにやってきました。3人くらいやってきました。入っ てきて、僕の方を見るなり、呆然と立ちすくんでいました。3人とも視線は明らかに僕の股間 でした。僕は勃起したままだったので、その子たちは珍しそうに見ていました。保健の先生も 3人に気づいて、「ちょっとまっててね」と言いました。3人はきょとんとして、包帯がまき 終わるまでじっと見ていました。 そのうちに休み時間も終わりみんな出て行きました。そして、担任が僕の着替えを持ってき ました。僕はまだ痛みがひどかったので、次の授業は出ないで、保健室で寝ていることになり ました。保健の先生も担任に事情を話しているようでした。僕はパンツがなかったので全裸の まま寝ました。 その後ぐっすり寝てしまって、給食の時間になっていました。気が付くと同じクラスの女の 子が2人して僕の給食を持ってきてくれていました。目を覚ますと、布団がはだけていて、2 人が僕のおちんちんに釘付けでした。僕が目を覚ましたのを見ると、あわてて我に帰って「給 食おいといたよ」と言って教室に戻ってしまいました。 その後保健の先生がパンツを持ってきてくれたので、それを穿いて、着替えました。保健室 で保健の先生と一緒に給食を食べることになりました。その後はまだ痛みがひどかったので、 早退して医者に行く事になりました。






検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。